検索

自主学童保育 森のこどもたち 開催しました !



森のオフィスでは利用する会員さんやスタッフの子連れ出勤を歓迎しています。

おうちの方が仕事をする傍ら、子どもは保護者の近くで一緒に過ごしています。


夏休みや春休みの長期休みは、おうちの方は仕事があり、子供たちは短調な時間を過ごしがち…。大人には仕事に集中できる環境を提供すると同時に、子どもには森のオフィスの素敵な環境を活かした楽しい時間を過ごしてほしい。子ども同士の交流のきっかけを作ってあげたい…そんな気持ちからこの夏、自主学童保育グループを作りました!


森のオフィス会員さんで小学生のお子さんを持つ保護者の方が対象。

先生は教育現場での経験が豊富な、みやのまちこ先生をお迎えしました。

実施したのは夏休み期間中の3日間です。


1日の始まりは「今日は何したい?」とみんなで話合い、やりたいことを決めます。

森の中で遊びたい、庭で水遊びをしたい、UNOをやりたい…などなど。みんなの気持ちに先生が寄り添いながら活動を見守ります。


▲軒下でUNOを楽しむこどもたちと先生


▲森で見つけた子クワガタ?夏ならではの昆虫


仕事をしている保護者の方は時折、子どもの様子をみながらお仕事を。

森のオフィスは多くの大人が仕事をする場所でもあり、走り回ったり騒いでしまうと仕事の妨げになってしまうこと。

ついつい楽しくなって声が大きくなってしまう場面もありましたが、先生のサポートのお陰で子どもたちも働く大人たちも夏休みの平日を過ごすことができました。


まちこ先生、ありがとうございました〜!




みやのまちこ先生 プロフィール

全国学力トップレベルといわれる秋田県で幼・小・中学校の教壇に立ち、県教委指導主事時代は高校・特別支援学校を含め全校種の子どもや保護者、教員などに関わった。前次改訂の小学校学習指導要領小学校生活科の改善協力者、現在は教科書会社の編集協力者を務めている。1997年山梨県北杜市に移住後は子どもの学び場支援や子育て相談など多岐にわたり活動。この春「ココロテラス相談室」を立ち上げ、子どもや親、教師のサポートを始める。